月別アーカイブ: 2014年4月

染み付いた風景

c0151418_1224963

「屋島の家」↑
絵葉書のような夕暮れとその前を立ちはだかる無人の社宅。
オープンハウスは月末かな、、、
 
 
風景というよりもその時代、その世界の価値観や美意識、
生活の愉しみや悩みはどんなものだったんだろう、と想像してしまう。
 
染み付いた空気の余韻を味わいながら、
描かれているわずかな風景をもとに
描かれていない多くのことを想う優しさも必要かな。

不完全な認識

c0151418_1502921

打ち合わせのため宮崎に向かう。
日向市駅舎
ここにも内藤廣の設計が、、、
 
人が何かを伝えようとすると、そこには必ず様々なノイズが入り込む。
 
同様に、私たちは認識するとき
たいてい多くの誤謬や錯覚を抱いている。
 
 
それは、時に希望観測的な願望であったり、
必要以上のニヒリズムであったりといろいろだけど、
いずれにしても人の認識と情報の処理能力には限界があるので
「完全な認識」にたどり着くのは難しい。
 
誰でも「あの時、これを知っていれば、、、」
と思うようなことは、日常生活の中でも繰り返し起きる。
 
ボクもそうした試行錯誤の中に生きている。
 
正しい認識にたどり着きたいという思いは、
今も昔も人間の共通の希求としていつまでも消えることはないが、
追い求めて行かなくてはならない課題である。
 
ただそれとは別の考え方として、
「誤読的な想像」や「偶発的な出来事」が
新しい姿を創り出すこともあるし、
実際、建築の創造においては、そうした側面が多い。
 
だから誤読と偶然は、必ずしも無意味なものではない、と思いたい。

c0151418_1533756

「高松町の家」オープンハウス

c0151418_135691

↑「高松町の家」足場が外れ全貌が露になる。
クライアントのご厚意で、予約制ではありますがオープンハウスを行います。
ご興味のある方はメールにてご連絡ください。
 
場所:香川県高松市内
日時:4/12(土)、13(日)
連絡先:info@k-tenk.com

 
張りつめていた建築が浅春の陽気でほどけ始める。
 
私のこれまでのいくつかの建築と違うものがあるとすれば
形としては単純明快で素材として複雑なニュアンスをもたらせている。
 
形のない形への具体的方法は素材自体の装飾性にあるのかもしれない。
 
そして、この家のご家族を象徴する3本の木は
何よりの力づけになり
天蓋へと伸び大きな屋根を支え
楽しめる居場所になるだろう。

 
c0151418_1393126
「菩提寺庫裏」基礎工事がおわる