月別アーカイブ: 2013年5月

地方での設計活動

0528-内子座

↑ 愛媛の打ち合わせの後に
 寄り道した内子座
 
 
先週から愛媛の西予と大洲、
高知・四万十の敷地調査に始まり
土日は営業活動。
 
週明けは四万十市の庫裏建て替え計画に伴う
役所廻りと敷地の測量。
 
0528-沈下橋
 
↑ 四万十川の沈下橋
 
地方で設計活動することについては、
次回発売されるモダンリビングで
窪田さんと対談させていただいてますが、
それについてはとりあえず据置いて、
今は轟音をたてて
一直線に突き進んでいる感じ。
 
 
どうやら私の器量には
戸惑わず乗り切ってゆく控えめな図太さと、
沈殿しているストレスを感じることのない
鈍感さを兼ね備えているみたい。
 
0528-四万十川
 
↑ 四万十川
 
でも何かしらの
センチメンタル・ジャーニーの旅を求め
少し遠回りしてみた。

0519-一ツ橋

↑ 22坪の変形地に建つ
 「15坪の家」の
 地鎮祭でした。
 
 
小さな空間を考えるとき
「奥」と言うことが頭に浮ぶ。
 
特に日本人は常に「奥」を想定し、
「奥」という概念を設置することによって、
比較的狭小の空間をも深化させることを
可能にしてきた。
 
 
 
「奥行」なる概念は、
与えられた空間の中での
相対的距離であり
距離感である。
 
濃密な空間体系は規模ではなく、
むしろ「奥行」のような空間構造の
軸の多さによって規定される。
 
「奥行」を考えることでの小さな空間も
豊かな空間になるのではないだろうか、、、

10周年

0519-四国

日本昔話に出てくるような
連続する四国の山々を楽しんでいると
ウツラトロリとしてくる。
 
フロントガラスまで歪み始め、
高速道路がほの暗くなり、
時間も歪み始める。
 
面白がって良いものか、
それとも本当は不安なのか、
それすらも定かでない。
 
分かっているのは、
先週の金曜日に結婚10周年だったってこと。
 
お祝いをいただいたクライアントと
スタッフにお礼を言う。
 
0519-祝い
 
0519-鳥取
↑ 鳥取の地鎮祭の帰り道。

足場撤去

0510-ゑびすや

↑ ゑびすや、全貌が見える。
 
足場が外れた。
 
想定していたよりも
少しキレイに仕上がったような気がするけど、
この予算内でうまくいったと思う。
 
 
あんまり、ツルツル、ピカピカ
キレイに仕上がっては困る。
 
これから外構工事に入る。
 
矛盾に満ちた、不連続な仕上がりを
アノ人に期待するしかない。

対談

0502-対談

先日、とある雑誌で連載されている
対談の取材があり、
私なりに充実した一日であった。
 
この対談は今後作っていく建築に
変化をもたらすかもしれない。
 
 
まぁしかし肉声で対面して話し合うのが
一番ハードである。
 
声の質量、
眼の光、
身振りなどが総合したコミュニケーションは
快楽であり、
戦いである。
 
コテンパンだったけど、
忌憚なき意見を聞くことが出来て
少しづつ確信は芽生えてきた
か?
 
人は生きていく過程で、
いろいろなことに左右され、
出鼻をくじかれ、
変わることを強いられる。
 
でもどこかで変わらないことの安心も望んでいる。
 
しかし人も、人を取り巻く環境も、
諸行無常、全く変わらないものはない。
 
気持ちの命じるままに動こう。
 
 
「多肥の家」のHさん、
関係者の方々、
そして窪田さん、
 
貴重な時間、ありがとうございました。