設計図

1208-屋島の家配筋検査

↑ 香川「屋島の家」配筋検査
 
設計図を書くときには、
内容が伝わるように書かなければならない。
 
必要充分に書くことはなかなか難しい。
 
 
寸法ひとつにとっても、
書きすぎると
図面がごちゃごちゃになって読みにくいし、
書いてないと
設計図として成立しない。
 
施工者が知りたいと思う内容を
適切な位置に適切な詳しさで書く。
 
読む相手は誰なのか、
どんなことをしているのか、
よくわかってないと見当違いの内容を
伝えてしまうことになる。
 
熟達した人の図面は、
内容の量とはうらはらに、
思いのほかスッキリしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>