植物の魔力

森の住処

↑ 高松市「高松町の家」
  遠くに見える山は屋島
 
桜の咲く頃に再撮します。
 
 
今日は高知市内で美容室の打合せ。
 
目立つようで目立ちにくい場所。
その難題を安易に植栽で解決するべきか否か。
 
確かにアンデルセンの童話の影響ではないけど
デンマークの植物はどこかしら死を連想させる。
 
それは暗く悲しい死ではなく
静かで安らかで、甘く暖かい死。
 
生い茂る葉っぱと絡まる蔦は
もとの姿をゆっくりと覆い隠してゆく。
 
そういった背景の中で考えると
やはり「余白」の存在を意識化させないといけない。
 
覆い尽くしてしまうのではなく
植物が描く自然のグラデーションが必要である。
 
 
 
未だ改装されてないアルネ・ヤコブセンの
SASロイヤルホテル606号室。
 
この部屋で使われているブルーグリーンと
枯れることのない植物に包まれながら
年内オープンに向け
今日もまたボクを優しく絞め殺す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>