丘の上の家

018_s1

001_s

011_s

012_s

013_s

016_s

017_s

 

「丘の上の家」

 

高知市内の高台に位置するこの敷地は、小高い山の一角を造成し周辺には畑もあり静かで眺めのいい場所である。「和と洋」、「光を入れたいけど深い庇が欲しい」というように全く違うご夫婦の要望をどう整理するか、お互いがどう歩み寄るかというところが一番の課題であった。敷地は前面道路と高低差があるためスキップフロアとし、上がったその先は屋根の上に上がれるようご主人の特別な場所になった。家族が集まるリビングの天井は垂木構造をそのまま見せ、その骨格となる軸は外に向けて流れ、深い庇となり家を包み込んでいる。また吹抜けを持つダイニングは、ハイサイドライトから自然光を取り入れ、木製で作った大開口は光や風を取り込むだけでなく、よさこい祭りがある8月には花火までをも取り込むことが出来、近隣の人たちにも楽しむことが出来る場所にもなるだろう。

 

所在地:高知県高知市
竣工:2012年12月
用途:専用住宅
構造:木造2階建
敷地面積:207.41㎡
建築面積:90.33㎡
延床面積:111.79㎡
写真:野村和慎