カテゴリー別アーカイブ: かりそめ

「立川の森 歯科クリニック」看板が立つ

0305-dentalC01Resize

 
看板が出来ました。
 
 
点字ブロックも設置出来、
手摺の支柱も立ち、
植栽を待つ。
 
と同時に雪も溶け、
土ぼこりが立ち、
泥だらけの中、
春を待つ。

「COLTRADAワイナリー」足場がとれる

0304-COLT01Resize

 
私たちは建築が
その建つ場所を映し出すことを
望んでいます。
 
その映し出された道を歩き、
土地が培ってきた表情を学び、
その場所らしさを
表現するためのきっかけを
掘り起こし耕していきます。
 
「COLTLADA」
 
楽しみなワインです。
 
0304-COLT02Resize
 
0304-COLT03Resize

「立川の森 歯科クリニック」完成間近

0301-立川の森C01

 
鳥取市立川町にて4月オープン。
 
これから植物を植え
外部空間をつくっていきます。
 
咲いたかれたで
一喜一憂するかもしれませんが、
ただならぬ予感に
胸騒ぎを抑えきれない。
 
0301-立川の森C02

「起伏の離れ」オープンハウス

0226-日下の家

 
このたび鳥取県米子市で
設計監理を進めてまいりました
「起伏の離れ」が竣工します。
 
クライアントのご厚意により
2月27日(土)28日(日)に
オープンハウスを行います。
 
ドタバタでの案内になってしまいましたが、
もしお時間が許すようでしたら
下記、TEL・メールにてお問い合わせください。
 
現地の場所については
ご連絡いただきました方に
こちらからご案内いたします。
 
 
TEL:090-2298-1902
Email:k.tenk109@gmail.com
 
 
§
 
与えられた土地の中から希望の宝を探し出して
生かすことにより失ったと思ったものを代償して
与えられる解決方法が正解なのだろうか。
 
母屋の廻りには変化に富んだ庭が広がっている。
 
その特徴的な高低差を活かし
そこに建てる意味を今回計画する離れに託した。
 
外部は軒を低く
外壁の周辺に身体に近いスケールの空間をつくり、
建物自体を親しみやすいものに変容させる。
 
そこで生み出された場所は内部から外部へと広げ、
同時に外部から内部へと引き寄せるきっかけをつくる。
 
特徴的だった敷地の高低差を内部空間に再現し、
リビングなどのパブリックスペースと
寝室であるプライベートスペースは
床のレベルで部屋を分けることで、
失った庭が新たな空間として生まれ変わった。

「COLTRADA」ワイナリー

0216-CR01

 
新石器に入るころに、
落ちている石を拾うのではなく、
石を削って必要な道具をつくるように、
あるいは牧畜や農耕が始まった数千年前、
獣は追うのではなく手なずけるように、
ブドウを取って食べるのではなく、
圧搾し発酵させ熟成させるのです。
 
その場所が来月完成予定です。
 
0216-CR02

「むぎなわ」棟上げ

0129-むぎなわ01

 
場所がもつ初原的な力を発揮し、
それらを収斂させている。
 
その空間の中に形態、
素材、スケールの多様性と
それらを結びつける秩序を
用意しながらも
構造的な矛盾を
意に介さない。
 
0129-むぎなわ02

0129-むぎなわ03

新年

0105-仕事始め

 
明けましておめでとうございます。
 
 
場所、建築、人々、
物をつくること、豊かさとは、、、
 
日頃考えていることを実践に置きかえる。
 
さて何をしようか。
やってみなけりゃわからない。
試行錯誤と徒労の日々。
 
流れながら、体で考えてみる。

今年も残りわずか

1230-年末

 
今年1年無事であった。
 
来年も同じように無事であれと祈り、
多分目が覚めた時
何も変わっていないだろうと信じて、
安心して床につける幸福というのがある。
 
だけど一寸先に、
どんな事態が待ち受けているのか
全くわからないという不安が
いつも私たちにはつきまとっている。
 
それは塀に守られた細い路地から、
表通りへ出る時の
ワクワクした気持ちに似ている。
 
そんなトキメキの出会いやキッカケを
大事に今年を振り返り、
来年を楽しみに残りわずかな1年を
過ごしていきます。
 
それではみなさん良いお年を!

「赤崎の家」オープンハウス

1207-赤崎OH

 
このたび倉敷市児島で
設計監理を進めてまいりました
「赤崎の家」が竣工します。
 
クライアントのご厚意により
12月12日(土)のみの1日ですが
オープンハウスを行います。
 
お時間が許すようでしたらぜひお越しください。
 
安心してご見学頂けるよう混雑を避ける為
予約制とさせていただいております。
 
ご予約は下記、TEL・メールにて
お問い合わせください。
 
現地の場所については
ご連絡いただきました方に
こちらからご案内いたします。
 
 
TEL:086-235-5516
Email:info@k-tenk.com
 
 
不在により電話がつながらない場合は
お手数ですがメールにて予約をお願いいたします。
 
受付は12/11(金)17:00までとさせていただきます。

低い庇

1023-日下01

 
低い庇は外壁の周辺に
身体に近いスケールの空間をつくり
建物自体を親しみやすいものに変容させる。
 
庇が建物の周りに生み出す空間は
内部から外部へと広げ、
同時に外部から内部へと
引き寄せるきっかけをつくっている。
 
1023-日下02