一本の線

0210-松並木

 
設計の最初の段階というもの、
白紙の上に
最初の一本の線を引かれるまで
多くの迷いがある。
 
曖昧だった線が
少しずつ自信のある
しっかりとした線に
変わってくる。
 
決まってきた線には
様々な思いが込められるようになる。
 
すると往々にして
矛盾した願いのいずれをも
捨てられない場に追い込まれて
悩むことになる。
 
しかしこれこそ
新しい考えの誕生のキッカケである。
 
まずは場所性を大事に
一本の線を引いてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>