建築の理解度

20171210大島

 
1213-小屋
 
 
「大島の家」、「こやといえ」
ようやく足場が外れ
徐々に外部が仕上がっていく。
 
 
§
 
 
建築をつくるには
クライアントの
建築に対する理解も大切である。
 
スイスのチューリッヒでは
建築賞というものが
市民である施主が表彰される。
 
これには建築主の
建築的な考え方をしっかりと評価し、
その結果を広く一般市民に
知らせる目的がある。
 
すでに社会に根ざした
音楽や絵画と同じように、
社会的な地位を
建築の分野でも
確立していこうというのである。
 
 
§
 
 
1213-草屋根
 
こちらのご夫婦は来年地上波初登場となり
関西方面において広く知られていくのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>