深夜力

0805-花火

 
花火と月と平野
事務所の屋上にて
 
 
 
職業柄、忙しいときは仕事が
深夜に及んでしまうことがある。
 
夜の方がかえって仕事が進んだりする。
 
午前中に新鮮な気持ちで
仕事を次々と進めていく快適さも大事だけど、
昼間には常識的な考えしか
浮かばなかったことが、
夜になるとフワッとアイデアが
生まれてくることが多々ある。
 
学生の頃は設計の課題で
幾度となく徹夜を経験する。
 
そして、徹夜でモノを生み出すことの
楽しさみたいなものを共有する。
 
夜は人を少しだけ変え、
昼間には隠されていた
楽しさのふところに触れさせてくれる。
 
 
夜、仲間たちと久しぶりに飲み明かす。
夜、ふとしたきっかけで何時間も電話で話をする。
夜、小説にはまり時間を忘れて読みふける。
夜、全てを遮断して、思考を深め、図面を書き続ける。
夜、試験が迫っていることに焦りを感じながら、
自分の将来について夢想する。
 
 
家のどこかに
その深夜力を大切に守る場所を
作り出すことが、
きっと建築家の役割なのだろう。
 
 
夜、時に人を執拗にさせる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>