月別アーカイブ: 2017年1月

あけましておめでとうございます。

0101%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b6

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
 
 
§
 
 
そこには建築も都市も敷地も要望もない。
あるのは子供の頃、
創造していたコト、モノ、バショを
表現すること。
 
そのわずかな要求の中で、
どのようなカタチ、記憶の片隅の中で
自主的なエネルギーを
誘発していくかが問題である。
 
それらを解決するのは記憶の連続なのか?
 
それとも思いつきの連続なのか?
 
それらの断片をなめらかに連続させていくのが、
直感的理論というか、
図形判断への気持ちの中の
心棒みたいなものなのだ。
 
 
§
 
 
ちょうど全体を見ようと
高台に上がってブランコを漕いでみた。
 
まだ向こうがあると空へ鳥のように飛んでみた。
 
空高く飛んでみたら
自分のいた場所はどこかへ消えていた。
 
考え直してみたら、
一人の時間が持てる
関心の数は限られており、
習い覚える量も限界内で、
判断できる範囲も
年齢とともに少なくなる。
 
今年は有限の世界から
もう一度見直す必要がある。
 
もしかしたらそれは
つくらないことこそ創造の世界であり、
有限の世界なのかもしれない。
 
 
2月のカレンダーにて