素材でござい/闇

0731-閑谷学校02

旧閑谷学校(岡山県備前市閑谷)
 
 
普遍性のある建築には、
闇を受け入れる素地があるように思う。
 
闇は静けさと落ち着きをもたらす。
 
暗いだけでは気味が悪い。
 
闇を受け入れる質がなければならない。
 
柱梁は黒光りし
ざらざらした土壁は差し込む光に立体感をもたらす。
 
時を重ねた素材、
重ねうる素材は闇を引き立てる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>