月別アーカイブ: 2015年11月

事務所内劇場

1121-安並の家

 
HP上で日記をつけ始めて
沢山の人に見てもらいたいと願いながら綴って
10年になろうとしています。
 
あいかわらずよく続けてきたな、と
我ながら呆れていましたが、
もうそろそろ少しだけ
スタイルを変えようと思います。
 
それはスタイルが、
考え方や作るものに影響するかもしれないと
気がついたからです。
 
どう気づいたかは、
どう変わるかがハッキリしたら
わかっていただけると思うので
今は述べないことにします。
 
 
日記というものは
ハッキリした相手が見えない時は
何となく気が乗りににくくなるもののようです。
 
読者は少しずつですが
増えていっているように感じてますが、
しかし一方で姿形は見えません。
 
もちろん応答もありません。
 
空虚に紙飛行機を投げているようなこともあります。
 
そんな事を10年間続けてきたら、
何となくボク自身の考え方も
そんな紙飛行機状態になっているのではないかと
心配になっている自分を自覚するにいたりました。
 
ということなので事務所内に散乱してある
空虚な紙飛行機を充実させるために
快楽を求める必要があります。
 
それはスタッフの日記をのぞくという行為、
ある種の私的劇場と事務所内劇場を
つくり出していこうと思います。
 
軽妙洒脱な劇場になって
恥をさらすような事にならないように
スタッフと共に発信していきます。
 
 
 
 
クライアントと出会って2年近くたった今
四万十市「安並の家」の骨格が現れる。