どうあるべきか?

0618-玉川の家

今治市「玉川の家」
 
 
岡山市「西大寺の家」と
今治市「玉川の家」の地鎮祭が
先月末と先週、無事執り行われました。
 
これから出来る限り
リアルタイムでアップしていきます。
 
§
 
事務所を立ち上げて12年。
ここに来てやっと組織について少し考えるようになった。
 
設計事務所においてのことだけではないのだけれど、
情報の伝達はとても重要であり
建築における情報の難しさはその普遍性にあるように思う。
 
「当然、こうあるべきもの。」
 
という安易な考えを受け入れず、
その考えを超えるためには、
毎回膨大な数の
 
「どうあるべきか?」
 
という問いが必要になってくる。
 
 
デザインが出来なくても
情報の伝達能力が高く、
普遍性を検証する能力があれば
美しくなくとも
いい建築を作れるかもしれない、
と、思ったりもした。
 
つづく、、、
 
0623-西大寺の家
岡山市「西大寺の家」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>