コンソーシアム

0615-某和菓子屋

 
持ちネタだけで
良いプロジェクトを生み出すのは難しい。
 
そんなときは
知っている奴とプロジェクトに
巻き込まれていくのに限る。
 
このゆるやかな連合にあたっては、
領域の網羅性と拡張可能性、
ミッションの共有性、
チャレンジを恐れない革新性が必要である。
 
異なる環境で別々に構築された知が
プロジェクトの場で出会ったとき、
想定すらしてなかった多様な反応が生成する。
 
この連合が革新的プロジェクトの
基盤になり得るかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>