果報は寝て待つべきか、、、

0111-屋島の家

↑ 屋島の家
Worksへのupはしばらくお待ちください。
 
 
気がつけば仕事始めから1週間、
展覧会から1ヶ月近く経つ。
 
「果報は寝て待て」のことわざがあるけれど
まずそんなことはありえない。
 
私の場合「果報」はチャンスだけど
これは決して棚からぼた餅が落ちてくるように
落下してこない。
 
まず何よりも渇望しなくてはならない。
 
そうすると身体も精神も受容的になり
さらには能動的になってくる。
 
そんな中人並みに歳をとって
体力も落ちているのを自覚しているけど、
やりたいことは増え続けている一方。
 
受容と能動を繰り返しながら
年末年始を過ごし今に至りました。
 
 
遅ればせながら
明けましておめでとうございます。
 
本年もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>