我々の仕事を知ってもらうために、、、

1122-建築家のしごと01

 
現実は相も変わらず、砂を噛むような日々だ。
 
大人も子供も、
専門家も素人も、
先生も学生も
変わりはない。
 
人々は都市へ流出し続けて、
町は小ぶりになってしまった。
 
でも、小さくなってしまったけれど、
都市では見られないモノも生み出しはじめた。
 
この場所しか生み出せない
いろんなモノが作り出されている。
 
小さいけれど、
この町に住む誇りだって芽生えはじめている。
 
 
 
しらけていたり、
悲観してばかりいたり、
手をこまねいて
机上の空論をこねくりまわしてばかりはもういい。
 
境界線をくぐり抜けてゆけば、
きっとまだ見ぬ国への道を見つけることが
出来るのではないか。
 
ガキっぽくても、
単純でもかまわない。
 
とりあえずやってみようではないか。
 
それからでもいい、
 
考えるのは。
 
 
12月16日~21日
さん太ギャラリーにて
展覧会に出展させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>