月別アーカイブ: 2014年12月

一週間の展覧会を終えて、、、

1223-似顔絵

↑ クライアントが会場に来て描いてくれた似顔絵
 
 
 
出展した15組の建築家の皆さまお疲れ様でした。
 
と同時に年末の忙しい中、来場してくださった方々、
ありがとうございました。
 
 
15組集まったこの展覧会は初めての試みで、
まだまだ始まったばかり。
 
どういう形で次に繋げていくかは分からないけど
どう変わってゆくかは
半分期待して
半分ゆっくりと続けていく気持ちでいたいと思います。
 
人間がたくさん集まれば喰い違いや行き違い、
関心の温度差があるのは自然なことだけど、
でもそれ以上に一人では得ることの出来ないものがあります。
 
何が正しくて
何が正しくないか、
正解はない。
 
自らが行動して見て感じて
それぞれが考える力を持って
進んでいこうと思います。

我々の仕事を知ってもらうために、、、

1122-建築家のしごと01

 
現実は相も変わらず、砂を噛むような日々だ。
 
大人も子供も、
専門家も素人も、
先生も学生も
変わりはない。
 
人々は都市へ流出し続けて、
町は小ぶりになってしまった。
 
でも、小さくなってしまったけれど、
都市では見られないモノも生み出しはじめた。
 
この場所しか生み出せない
いろんなモノが作り出されている。
 
小さいけれど、
この町に住む誇りだって芽生えはじめている。
 
 
 
しらけていたり、
悲観してばかりいたり、
手をこまねいて
机上の空論をこねくりまわしてばかりはもういい。
 
境界線をくぐり抜けてゆけば、
きっとまだ見ぬ国への道を見つけることが
出来るのではないか。
 
ガキっぽくても、
単純でもかまわない。
 
とりあえずやってみようではないか。
 
それからでもいい、
 
考えるのは。
 
 
12月16日~21日
さん太ギャラリーにて
展覧会に出展させていただきます。