築くこと、傷つくこと、気づくこと

1119-具同の家

 
四万十市に建つ具同の家
 
 
棟上も終えこれから徐々に仕上がっていく。
ゆるやかな山の量塊がそのままボリュームに移され
その量塊となる屋根がふわっとやさしく覆う。
 
 
§
 
 
独立して11年経った今、
ボクが最初の設計事務所に勤めたときの
所長の年齢になっている。
 
若い人間の人生を変えてしまうようなボクであるか
大いに疑問である。
 
痛切に変わってしまうような、
ボクがそうであった相手のような人間になっているか、
自分で自分をはかりにかけてみるけど
まだまだ不合格である。
 
 
時が解決するタグイの問題なのか?
 
未完の人材に出会うことが出来るのか?
 
ボクが気づかないだけなのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>