成り立ちを描くしごと

1113-東山崎01

国道沿いに建つ農家住宅の棟上げ。
 
 
大工の吐く息がたちどころに凍って、
結晶してサラサラと
下に舞い落ちるほどの寒気であった。
 
とまではいかないけど、
滴る鼻水が吹き飛んでいきそうなほどの
風の中の棟上げだった。
 
 
かつては田畑であったであろうこの場所には文明化が進み
想像を絶する変化だっただろう。
 
刻々と街や建築が変化していく中、
我々の職能も、
図面を描く技術者というよりも
新しい世界の成り立ちを
描くことが出来たらいいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>