月別アーカイブ: 2014年11月

築くこと、傷つくこと、気づくこと

1119-具同の家

 
四万十市に建つ具同の家
 
 
棟上も終えこれから徐々に仕上がっていく。
ゆるやかな山の量塊がそのままボリュームに移され
その量塊となる屋根がふわっとやさしく覆う。
 
 
§
 
 
独立して11年経った今、
ボクが最初の設計事務所に勤めたときの
所長の年齢になっている。
 
若い人間の人生を変えてしまうようなボクであるか
大いに疑問である。
 
痛切に変わってしまうような、
ボクがそうであった相手のような人間になっているか、
自分で自分をはかりにかけてみるけど
まだまだ不合格である。
 
 
時が解決するタグイの問題なのか?
 
未完の人材に出会うことが出来るのか?
 
ボクが気づかないだけなのか?

成り立ちを描くしごと

1113-東山崎01

国道沿いに建つ農家住宅の棟上げ。
 
 
大工の吐く息がたちどころに凍って、
結晶してサラサラと
下に舞い落ちるほどの寒気であった。
 
とまではいかないけど、
滴る鼻水が吹き飛んでいきそうなほどの
風の中の棟上げだった。
 
 
かつては田畑であったであろうこの場所には文明化が進み
想像を絶する変化だっただろう。
 
刻々と街や建築が変化していく中、
我々の職能も、
図面を描く技術者というよりも
新しい世界の成り立ちを
描くことが出来たらいいな。

原風景

141103-桑野の家01

 
建築的な原風景の一つとして
祖父母の家の蔵があります。
 
 
子供の頃は
一人で開けられなかった
重たい引き戸を開けて入ると
真っ暗な空間は神秘的だった、、、
 
と感じるほど
感受性豊かな子供ではなかったけど
先日、2年前にお引渡しした
お家の撮影の時にふと思い出した。
 
 
141103-桑野の家02
 
141103-桑野の家03
 
嫌がる奥さんを
半ば強引に撮らせていただきましたが、
よりいっそう「住む場所」としての奥行きを
撮ることが出来ました。
 
ありがとうございました。

職人の仕事

141104-棟上

 
高知市内で棟上。
 
 
プレカットでは出来ない
変形した建物は
手刻みで組んでいく。
 
コノ写真は
ベニヤに手書きで書かれた
大工の図面。
 
手作り、
職人の仕事、
総じてモノ作りは
今あまりにも情けない状態である。
 
小さな家だけど
コノ図面を見ると
考えさせられる。