缶詰状態

0729-ホテル坪庭


「南国の家」のクライアントの紹介で
予約していただいた部屋の坪庭。
 
なかなか予約できなかった中、 
クライアントとパシフィックホテルの支配人に
御礼申し上げます。
 
またクライアントから高知のお酒までいただき
頭が下がる思いです。
 
 
 
先日の80坪近くの二世帯住宅と
昨日の14坪の住宅のプレゼンを終える。
 
まずまずの滑り出し。
 
お盆までにあと二件のプレゼン。
 
 
何も浮かばない日々が流れているような気がして
不安に包まれることがある。
 
ま、不安は不安として危機感に育てながら
やっていくしかない。
 
 
 
今日は、「南国の家」の実施見積りの打ち合わせの後、
高知市内のホテルで缶詰状態。(仕事をする自分)
 
「南国の家」のクライアントにいただいたお酒を
缶詰に持ち込もうと思ってみるが(飲みたい自分)
 
コレはコインの裏表みたいなモノで、
双方ともに同時に陽が当たるコトはまずないので
持ち込むのをやめることにする。
 
手を動かしているうちに、
手が描いてしまう偶然の重なりの中から
アイデアが生まれてくることがある。
 
まして、5年の前のスケッチの上に
重ねてスケッチするのだから
5年という時間の隔たりも味方してくれる。
 
いくつかのアイデアを得る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>